MENU

平成28年度 ~セイジ・オザワ 松本フェスティバル~ 小沢征爾が信州そばを堪能!!

1472107854302

 

セイジ・オザワ 松本フェスティバル(OMF)って?

遡ること1992年から長野県松本市では毎年夏に『サイトウ・キネン・フェスティバル松本』(SKF)というイベントが開催されてきました。それが今年から、総監督小澤征爾の名を冠した『セイジ・オザワ 松本フェスティバル』(OMF)へと生まれ変わり、今年も8月に開催されました。SKFと同様、サイトウ・キネン・オーケストラ(SKO)が母体となり、世界的指揮者、演奏家、出演者が小澤征爾総監督の強い要望を受けて、松本に集まりました。

 小澤 征爾さんってどんな人?

小澤 征爾さんは、誰もが一度はその名を聞いたことがあるであろう日本人指揮者です。ウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めたことでも有名ですよね。これまでに国内外で数々の 栄典・表彰を受けており、その中には、オーストリア勲一等十字勲章(2002)、サフランス・レジオン・ドヌール勲章オフィシエ(2008)、フランス芸術アカデミー外国人会員(2008)、日本国文化勲章(2008)、イタリア・プレミオ・ガリレオ2000財団金百合賞(2008)、ウィーン・フィル「名誉団員」の称号(2010)などがあります。

 小澤 征爾さん、松本のそばを堪能!

平成28年8月25日、この日松本市のキッセイ文化ホールで、信州のそばを小澤征爾さんをはじめ、オーケストラの皆さんに食べてもらおうと食事会が開かれました。『あの』小澤征爾さんが信州松本のそばを食べにくるというのですから、ボランティアの力の入れようもすごかったですよ。ましてや小澤征爾さん、じつは一番好きなものが「そば」なんだそうです。「好きなもの」ですからね、このほかに野球なども好きなようですが、そういったものを含めて尚も一番で、メチャそば好き、なんだそうです。

この食事会では、長野県松本市今井、奈川、安曇野市三郷で栽培された3種類の夏の新そばが振る舞われました。そばのほかにも、岩魚の塩焼き、焼きトウモロコシ、ブドウ、梨、お漬物、そして野菜たっぷりの惣菜など、本当に様々な地のものが振る舞われ、大いに盛り上がりました。

この食事会では小澤さんに限らず、今回のセイジ・オザワ松本フェスティバルに参加したオーケストラの皆さんともわけ隔てなく接することができ、青空の下、とても楽しそうに会食をしていましたよ。

1472107846935

そんなこんなで食事会は大盛況だったわけですが、じつはこの食事会で振る舞われたおそば、なんと私の育てた夏そばが使われているんです!

最初に『長野県松本市今井、奈川、安曇野市三郷で栽培された3種類の夏の新そば』と言いましたが、ここの「安曇野市三郷」のそばがそれなんです。ボランティアとして当日も参加し、小澤征爾さんに召し上がっていただいたときにはドキドキでしたが、「おいしかった」と言っていただきホッと一息。苦労して育てたそばでしたから、召し上がってもらえたことだけでも嬉しかったですが、おいしかったと言ってもらえたことで一層嬉しくなってしまいました。

20160831114826

H28.8.25 市民タイムズ掲載

自信をもって育てたそばではありましたが、これはおいしいお蕎麦に仕上げてくれた、そば打ち名人の方々のおかげでもあります。みんなで得た喜びだったと思います。名人をはじめ、食事会を支えてくれた皆様、本当にお疲れ様でした!1472107825375

また来年も、美味しいと言ってもらえるようなそばを作って、召し上がってもらえることを目標にがんばりたいですね。

 

今回小澤征爾さんに振る舞ったお蕎麦ですが、実は一般にも同じものを販売しています。

よろしければ下の『そば粉』をクリックしてみてください。

自慢のそば粉をお届けします!

そば粉

 

ページトップへ